FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪です・・・

神栖ラマンをご利用いただき誠にありがとうございます。


冬眠の準備に向け、日々脂肪を蓄えている新人28号です。

さて28号はFacebookなるものでかつての友人たちと連絡を取っています。
タイの王族
サウジアラビアの王族
韓国ロッテの会長の孫
KCIAの元長官の息子
リーボック・マレーシアの社長
福山雅治や奥田民生の友人たちなどなど・・・

なかなか会うことができなかった人々とインターネットを通して繋がる
ことで、近況の報告など聞くことができるようになりました。

すごい時代ですね。

そんな中で久しぶりに会いたいと思った人がいます。

それは「げんさん」という新宿中央公園に住所を構えるれっきとした
ホームレスさんです。

出会いは3年前の2月。

まだ埼京線沿線の池袋・新宿・渋谷で遊んでいた頃のお話です。

服は汚く、でもどこか気品のあるおじさんがゴミ箱を漁っていました。

そのおじさんの自転車のかごの中には『論語』や『老子』など難しい本がきれいに並べ
られていたので『おや?』と興味を持ち、話しかけました。

話してみると、げんさんの波乱万丈の人生談にどんどん引き込まれていきました。

別れ際、5,000円札を渡して、「なにか食べなよ」と伝えると、げんさんは
「馬鹿にするな! 俺は乞食じゃない!」と真剣に怒られました。

「じゃぁ」とかごの中の本を数冊借りることで、5,000円を受け取ってもらいました。

それから1週間に1度は必ずげんさんの元へ話をしに行くようになりました。

その後、仕事が忙しくなるにつれ、1週間が1ヶ月、1ヶ月が2ヶ月と段々会いに行く
間隔が広がってしまいました。

あるときふと、げんさんから借りた本を思い出しました。

そこでげんさんに本を返しに行くと、『ほらよ』と5,000円を突き出してこう言いました。
「お前、読むのに半年もかかったなんて、たいしたことないな」

笑っているげんさんに、とっくに遣っているだろうと思っていた28号は正直びっくりしました。

と同時に気高く生きている人間に「なんてふざけた気持ちで接していたんだ」と反省しました。

どんな事情があるにせよ、最後の「尊厳」という砦を崩さない彼の態度に、28号は
感動して泣いたことを雪を見て思い出しました。


ながながと書いてしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。


げんさん、お元気ですか?



コメント

Secret

プロフィール

神栖らまんちょのスタッフ達

Author:神栖らまんちょのスタッフ達
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。